ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
サポートメニューへ
サイトポリシーメニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

沿革

沿革

2006年 9月郵政民営化法に基づき、株式会社かんぽ設立
2007年10月 生命保険業の開始に伴い、株式会社かんぽ生命保険に商号変更
管理機構の委託を受け、簡易生命保険管理業務を開始
12月新規業務(運用対象の自由化)の認可取得
2008年 6月法人向け商品の受託販売開始
7月「かんぽ生命 入院特約 その日から」販売開始
2009年 7月奈良支店及び和歌山支店の開設により、全都道府県に支店を設置
2011年10月かんぽシステムソリューションズ株式会社(現 連結子会社)を子会社化
2014年 4月学資保険「はじめのかんぽ」販売開始
7月アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)のがん保険の受託販売等の取扱開始
2015年10月養老保険「新フリープラン(短期払込型)」販売開始
11月当社普通株式を東京証券取引所市場第一部へ上場
法人向け商品(総合福祉団体定期保険等)の受託販売開始
2016年 3月新規業務(再保険の引き受け)の認可取得
新規業務(付帯サービス)の認可取得
第一生命保険株式会社との業務提携

(2016年3月31日 現在)

参考

簡易生命保険の沿革

1916年10月逓信省において、簡易生命保険事業創業
1926年10月逓信省において、郵便年金事業創業
1949年 6月郵政省発足
2001年 1月省庁再編に伴い、郵政事業庁発足
2003年 4月日本郵政公社発足
関連ページ
「郵政の歴史年表」
(日本郵政株式会社のサイトを別ウィンドウで開きます。)

このページの先頭へ