ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
大カテゴリメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
会社情報に関するメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

本文の先頭です。

望海風斗 インサイドストーリー

望海風斗 インサイドストーリー Inside Story Futo Nozomi

第7回 BS-TBS特番 『かんぽ生命presents ドリームメーカー3
〜望海風斗、パリ夢紀行〜』 番組内容のご案内

第7回は、12月2日(日)にBS-TBSで放映予定の『かんぽ生命presents ドリームメーカー3 〜望海風斗、パリ夢紀行〜』の番組内容を、制作中のオフショットとともにご紹介。「フランスに行きたい!」と願っていた望海さんが、パリで叶えた“夢”の中身とは?

望海さんのパリ旅行の夢が現実に!

トップスター就任以降、宝塚大劇場で演じた3作品、『ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『凱旋門 −エリッヒ・マリア・レマルクの小説による−』『ファントム』の舞台がすべてパリという望海風斗さん。そんな作品の巡り合わせもあり、日に日に望海さんの「フランスに行きたい!」という熱が高まっていたところ、ついにその願いが叶いました。望海さんは人生二度目のパリ。今回がパリデビューという真彩希帆さん、彩風咲奈さんとともに、作品ゆかりの地を訪ねたほか、見学したかった場所、体験したかったことなど、たくさんの夢を実現させました。

舞台で演じたゆかりの地をひと巡り

//

作品の舞台をめぐる旅は、『ひかりふる路』からスタート。望海さんが演じたロベスピエールの下宿跡や、彼が盛んに仲間と議論を戦わせていた「カフェ・プロコップ」、マリー・アントワネットやロベスピエールが処刑されたコンシェルジュリー牢獄、革命の舞台となったコンコルド広場などを訪ねました。『ひかりふる路』の劇中、ロベスピエールと真彩さん演じるヒロインが心を通じ合わせた場所ポン・ヌフでは、二人であのシーンを再現?!という素敵な一幕も。

学びの多い旅路に感慨もひとしお

『凱旋門』では、凱旋門の展望台から美しいパリの街を一望したり、「カフェ・フーケ」で、お芝居にも登場する蒸留酒カルヴァドスを味わったり。また次回作『ファントム』の舞台となるオペラ座も見学。パリジャン達への突撃街頭インタビューでは新たな発見も!
作品ゆかりの地をひと巡りして、望海さんが一番心惹かれたのは、ロベスピエールの人物像だったそう。晩年、恐怖政治を敷いて処刑されたことから、悪人のイメージが強いロベスピエールですが、その軌跡をたどるうちに「演じた自分も何か救われた気がした」とのこと。今回の旅で、さまざまな学びを得たことに深い感慨を覚えていました。
その他にも、舞台上では決して見られない、3人の魅力的な素顔も存分にお楽しみいただける内容になっていますので、ぜひご覧ください! 

『かんぽ生命presents ドリームメーカー3 〜望海風斗、パリ夢紀行〜』
放送局 : BS-TBS
放送日 : 2018年12月2日(日)13:00~14:00