ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
サポートメニューへ
サイトポリシーメニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

お知らせ

重要なお知らせ

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震に関し日本郵政グループが取り組む事項(プレスリリース)

 東北地方太平洋沖地震の被害につきまして、関係者の皆さまには心からお見舞い申し上げます。

 日本郵政グループ5社(※)の社員及び施設は、建物の崩壊、流失、機械の破損など地震の被害が大きく、また停電中でもあるため、多くのATMが停止するなど、お客さまへのサービスが十分にできない状況にあります。
 私どもといたしましては、一日も早く正常に戻したいと鋭意復旧に取り組んでおりますので、ご容赦のほどお願い申し上げます。
 また、被災者の皆さまに対し、被災地域の営業可能な店舗を含め、全国のグループ各社の支店、郵便局(簡易郵便局を含みます)において、次のとおりのサービスを実施いたしますので、お知らせします。

 なお、災害義援金の取り扱いにつきましては、具体的な内容が決定した時点で、別途お知らせします。

(※1)日本郵政株式会社(取締役兼代表執行役社長 齋藤 次郎)、郵便局株式会社(代表取締役会長 古川 洽次)、郵便事業株式会社(代表取締役社長 鍋倉 眞一)、株式会社ゆうちょ銀行(取締役兼代表執行役社長 井澤 吉幸(「よし」は「土」の下に「口」))、株式会社かんぽ生命保険(取締役兼代表執行役会長 進藤 丈介)

<1> 金融関係

 

1 取扱内容

(1) 貯金関係(別紙1参照)
   通帳・証書等や印章をなくされた被災者の貯金等の非常取扱い等
(2) 保険関係(別紙2参照)
   かんぽ生命の保険契約及び簡易生命保険契約に関する保険料の払込猶予期間の延伸、保険金の非常即時払等の非常取扱い

2 対象郵便局及び対象店

(1) 貯金関係
   郵便局及びゆうちょ銀行各店舗
    ※簡易郵便局を含みます。(貯金取扱局に限ります。)
(2) 保険関係
   郵便局及びかんぽ生命保険各支店
   ※簡易郵便局を除きます。

3 取扱期間

(1) 貯金関係
   ア 平成23年3月13日(日) (営業時間:10:00〜15:00)(臨時営業)

県 名郵便局・ゆうちょ銀行店名
青森県黒石郵便局、平賀郵便局、五戸郵便局
ゆうちょ銀行青森店、八戸店
岩手県北上郵便局、千厩郵便局、摺沢郵便局
ゆうちょ銀行盛岡店
宮城県仙台中央三郵便局
ゆうちょ銀行仙台支店
秋田県ゆうちょ銀行秋田支店
山形県河北郵便局
ゆうちょ銀行山形支店
福島県鹿島郵便局
ゆうちょ銀行福島支店
   ※上記店舗のほか、3月13日(日)に稼働するATMは、ゆうちょ銀行Webサイトへ掲載する予定です。

   イ 平成23年3月14日(月)から
     全国の郵便局及びゆうちょ銀行各店舗
     ※簡易郵便局を除きます。(貯金取扱局に限ります。)

(2) 保険関係
   ア 保険料の払込猶予期間の延伸
     通常の払込猶予期間を含めて、最長6か月間延伸いたします。
   イ 保険金の非常即時払等の非常取扱い
     平成23年3月14日(月)から


<2> 郵便事業関係

○ 被災地域あて郵便物の配達

 郵便事業の支店等も被災したため、配達業務が困難な状況がありますが、郵便が重要な通信手段であることから、避難所等が設けられたところには配達先を調査の上、配達に最大限の努力をいたします。

 また、上記のほか、日本郵政においては、被災地域において次のとおり取り組みましたので、あわせてお知らせします。

(1) 避難場所の提供
   被災地域に所在するかんぽの宿は、3月11日(金)に、次のとおり被災者の津波からの緊急避難場所となりました(コンクリート造の4階以上の建物であり、救命に貢献)。

宿泊施設名避 難 状 況 等
かんぽの宿 松島3月11日(金)、地域住民132名が避難されました。津波
が3階まで押し寄せましたが4階に避難していたため、3月
12日(土)に自衛隊のヘリコプターにより救出されていると
ころです。
かんぽの宿 大洗3月11日(金)、地域住民100名が避難されました。
現在は避難所に避難されています。

   また、その他の宿泊施設においても、今後、可能であれば炊き出しの実施、入浴施設の開放の実施を検討します。

(2) 仙台逓信病院における無料相談等の実施
  ア 1階ロビーに、「無料健康相談コーナー」を開設し、自動血圧測定器を設置の上、看護師3名程度で無料健康相談を実施しています。

  イ ロビーを避難場所として開放し、3月11日(金)以降40〜50名が避難されています。また避難者に簡易ベット15台、毛布等を提供し、携帯電話の充電用電源開放を実施しています。
 




【報道関係の方のお問い合わせ先】【お客さまのお問い合わせ先】
郵便事業株式会社
総務部 広報室
電話:03−3504−9798(直通)
FAX:03−3504−9717
郵便事業株式会社お客様サービス相談センター
0120−2328−86
携帯電話から :0570−046−666(有料)
〔受付時間:平日      8:00〜22:00
        土・日・休日 9:00〜22:00〕
郵便局株式会社
総務部 広報室(報道担当)
電話:03−3504−4127(直通)
FAX:03−3595−0839
郵便局株式会社お客様サービス相談センター
0120−2328−86
携帯電話から :0570−046−666(有料)
〔受付時間:平日      8:00〜22:00
        土・日・休日 9:00〜22:00〕
株式会社ゆうちょ銀行
コーポレートスタッフ部門 広報部(報道担当)
電話:03−3504−4440(直通)
FAX:03−3580−6799
ゆうちょコールセンター 0120−108420
〔受付時間:平日        8:30〜21:00
        土・日・休日・12/31〜1/3  9:00〜17:00〕
株式会社かんぽ生命保険
広報部
電話:03−3504−4418(直通)
FAX:03−3506−0944
かんぽコールセンター 0120−552−950
〔受付時間:平日        9:00〜21:00
        土・日・休日   9:00〜17:00〕
(1月1日から3日を除きます。)
日本郵政株式会社
広報部(報道担当)
電話:03−3504−4162(直通)
FAX:03−3504−0265
日本郵政株式会社 総務・人事部 危機管理室
電話:03−3504−4794(直通)
〔受付時間:平日        9:00〜18:00〕

関連ページメニューの先頭です。

ご相談・お手続き

最寄りの郵便局または、かんぽコールセンターへご相談ください。

かんぽコールセンター

フリーダイヤル 0120-552-950

受付時間

平日9:00〜21:00
土日休日9:00〜17:00
(1月1日から3日を除きます)

PDFファイルを閲覧するには最新の「Adobe Reader」が必要です。
資料が開かない方はこちらのバナーよりダウンロードをお願いします。

Get Adobe Reader