ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
サポートメニューへ
サイトポリシーメニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

御社に必要な対策は?

従業員の退職金に備える 従業員の退職金に備える

  • 赤字を回避する
  • 優秀な人材を確保する
  • 計画的に積み立てる
  • 財務体質を強化する
 

経営に関する悩み(従業員11人〜300人の企業)

経営に関する悩みは、「有能な人材の不足」の割合が最も高く、「業績(売上)の伸び悩み」「利幅の減少」「後継者問題」がそれに続いている。

※注:(1)複数回答。(2)「わからない」を除く。

株式会社セールス手帖社保険FPS研究所「平成24年 企業経営と生命保険に関する調査」

モデル退職一時金

勤続年数 平均値 ※カッコ内は集計社数。複数回答含む。
高校卒(円) 短大卒(円) 四大卒(円)
5年 170,000(17社) 216,000(14社) 266,000(19社)
10年 566,000(16社) 604,000(14社) 769,000(19社)
20年 2,160,000(17社) 2,035,000(13社) 2,644,000(19社)
30年 4,356,000(17社) 4,363,000(14社) 4,858,000(19社)
定年 8,904,000(13社) 8,622,000(11社) 9,628,000(15社)

日本実業出版社が全国の企業4,500社を対象にアンケートを実施して204社から寄せられた回答をもとに作成したものです。
株式会社日本実業出版社 2014年6月調査『中小企業の「支給相場&制度」完全データ』より作成

退職金の主な準備方法

制度 掛金などの税制 積立金の帰属 主な特長 主な注意点
確定給付企業年金 全額損金 従業員 受給権の保護 原則として60歳以降の給付
確定拠出年金
(企業型)
全額損金 従業員 企業に将来債務がない 原則として60歳以降の給付
中小企業退職金共済 全額損金 従業員 新規加入者への助成 中小企業以外加入できない
特定退職金共済 全額損金 従業員 資本金・人数の制約がない 原則全従業員を加入者とする
養老保険 1/2損金など 企業 借入れができる 契約形態によっては普遍的加入が必要
現金・預金 企業 自由度が高い 運転資金で使ってしまう

*被保険者が一部の役員・従業員などに偏っていないことなどを指します。
※実際の取扱いなどについては、税理士や社会保険労務士などの専門家にご相談ください。

生命保険を活用したワンポイントアドバイス

  • 財源を確実に積み立てることができるので、事業に支障をきたさないように退職金を支給できます。
  • 利益を平準化して積み立てながら、退職金を支給できます。
  • 預金と分別管理することから資金が散逸しにくく、退職金積立不足を防ぎ財務体質を強化できます。

※このページは、平成27年7月現在の関係法令等に基づく当社の保険契約の取扱い等の概要を記載したもので、記載の内容は制度改正等により変更することがあります。

※このページ中の税制にかかわる記述は、平成27年4月現在の税関係法令等に基づき記載したものです。今後、税制が変わる場合もあります。税務にかかわる個別の取扱いについては、所轄の税務署などにご確認ください。

このページの先頭へ

関連ページメニューの先頭です。

ご相談・お手続き

最寄りの郵便局または、かんぽコールセンターへご相談ください。

かんぽコールセンター

フリーダイヤル 0120-552-950

受付時間

(1月1日から3日を除きます)

PDFファイルを閲覧するには最新の「Adobe Reader」が必要です。
資料が開かない方はこちらのバナーよりダウンロードをお願いします。

Get Adobe Reader