ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
サポートメニューへ
サイトポリシーメニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

御社に必要な対策は?

事業承継を円滑にするための対策をとる 事業承継資金を確保する

  • 納税資金を確保する
  • 経営権を安定させる
  • 争いを防止する
 

相続税額の目安

[後継者]相続人が子ども1人の場合、[相続財産額(自社株式を含む)]3億円→万一、経営者が死亡したら…相続税額は9,180万円上記ケースにおいて財産規模が違うと相続税額はこうなります。相続財産額が3億円の場合9,180万円、相続財産額が5億円の場合1億9,000万円、相続財産額が7億円の場合2億9,320万円

※1 上記の相続財産額は、課税価格と仮定しています。
※2 税務の取扱いについては、税理士などの専門家にご相談ください。

事業承継の際に苦労した点

先代から事業を引き継ぐにあたり苦労した点として、「経営力の発揮」を挙げている経営者が多く、続いて「金融機関からの借入」「取引先との関係の維持」という結果になっている。

※注:複数回答。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構「事業承継実態調査 報告書(平成23年3月)」

相続税負担額早見表(概算)

(単位:万円)

※1 「相続税負担額早見表」は、相続が発生したときに被相続人となる人が所有している相続財産をもとにして、「配偶者の有無」「子どもの数」によって相続税額を一覧表にしたものです。

※2 配偶者ありのケースでは、配偶者の税額軽減を最大限適用したものとして計算しています。

※3 配偶者の税額軽減以外の税額控除などは考慮していません。

生命保険を活用したワンポイントアドバイス

  • 後継者が相続した自社株式を会社が買い取ることにより、円滑な相続税納税ができます。
  • 後継者ではない遺族が相続した自社株式を会社が買い取ることにより、円滑な遺産分割ができます。
  • 経営に関係のない親族が保有する自社株式を会社や後継者が買い取ることにより、後継者の経営権の安定を図れます。
  • 相続不動産などを会社が買い取ることにより、遺族に対し相続対策資金を提供できます。

※このページは、平成27年7月現在の関係法令等に基づく当社の保険契約の取扱い等の概要を記載したもので、記載の内容は制度改正等により変更することがあります。

※このページ中の税制にかかわる記述は、平成27年4月現在の税関係法令等に基づき記載したものです。今後、税制が変わる場合もあります。税務にかかわる個別の取扱いについては、所轄の税務署などにご確認ください。

このページの先頭へ

関連ページメニューの先頭です。

ご相談・お手続き

最寄りの郵便局または、かんぽコールセンターへご相談ください。

かんぽコールセンター

フリーダイヤル 0120-552-950

受付時間

平日9:00〜21:00
土日休日9:00〜17:00
(1月1日から3日を除きます)

PDFファイルを閲覧するには最新の「Adobe Reader」が必要です。
資料が開かない方はこちらのバナーよりダウンロードをお願いします。

Get Adobe Reader