ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
サポートメニューへ
サイトポリシーメニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

御社に必要な対策は?

功労を報いる 役員退職慰労金を確保する

  • 赤字を回避する
  • 借入れに頼らない
  • 計画的に積み立てる
  • 財務体質を強化する
  • 役員退職金規程を整備する
 

必要額の目安

<ある経営者>勇退時の報酬=120万円/月、役員の在任年数=30年、功績倍率=3.0→必要額の目安は役員退職慰労金約1億円役員退職慰労金の算出例 一般的に[退任時の報酬月額]×[役員の在任年数]×[功績倍率(目安として1.0〜3.0)]で計算します。功績倍率を3.0とすると、上記のケースは[120万円]×[30年]×[3.0]≒[1億円]になります。

※実際の取扱いなどについては、税理士や社会保険労務士などの専門家にご相談ください。

役員退職慰労金の支払形態(従業員11人〜300人の企業)

従業員11人〜300人の企業では、「退職一時金のみ」の割合が7割を超えている。

※注:「わからない」を除く。

株式会社セールス手帖社保険FPS研究所「平成20年 企業経営と生命保険に関する調査」

事業経営の安定

生命保険を活用したワンポイントアドバイス

  • 財源を確実に積み立てることができるので、事業に支障をきたさないように退職金を支給できます。
  • 利益を平準化して積み立てながら、退職金を支給できます。
  • 退職金を借入れに頼ることなく支給できるため後継者に負担をかけません。
  • 預金と分別管理することから資金が散逸しにくく、緊急時のまとまった資金調達に役立ちます。
  • 役員退職金規程を整備することで、計画的に退職金を準備しやすくなります。

※このページは、平成27年7月現在の関係法令等に基づく当社の保険契約の取扱い等の概要を記載したもので、記載の内容は制度改正等により変更することがあります。

※このページ中の税制にかかわる記述は、平成27年4月現在の税関係法令等に基づき記載したものです。今後、税制が変わる場合もあります。税務にかかわる個別の取扱いについては、所轄の税務署などにご確認ください。

このページの先頭へ

関連ページメニューの先頭です。

ご相談・お手続き

最寄りの郵便局または、かんぽコールセンターへご相談ください。

かんぽコールセンター

フリーダイヤル 0120-552-950

受付時間

平日9:00〜21:00
土日休日9:00〜17:00
(1月1日から3日を除きます)

PDFファイルを閲覧するには最新の「Adobe Reader」が必要です。
資料が開かない方はこちらのバナーよりダウンロードをお願いします。

Get Adobe Reader