ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
サポートメニューへ
サイトポリシーメニューへ
ホームへ

本文の先頭です。

御社に必要な対策は?

従業員の安心を実現する 従業員の福利厚生を充実させる

  • 従業員を守る
  • 十分な資金を確保する
  • 社会的責任を果たす
  • 従業員へ思いを伝える
 

1人あたりの保険金額(従業員300人以下の企業)

福利厚生プランの加入保険金額は500万円未満と500万円以上がほぼ5割で均衡し、「1,000万円未満」が約8割となっている。

株式会社セールス手帖社保険FPS研究所「平成16年 中小企業経営者アンケート」

産業別労働災害発生状況

(1)[死亡災害]

労災による死亡者の数は年間1,030人で、約8時間30分に1人が死亡していることになる。なお、産業別では、建設業の比率が33.2%と一番多い。

※端数処理の関係で内訳の和と合計が一致しない。
厚生労働省「平成25年における労働災害発生状況(確定)」

(2)[死傷災害(死亡災害及び休業4日以上)]

労災による死傷者の数は年間11万8,157人で、約4分26秒に1人が死傷していることになる。なお、産業別では、 第三次産業の比率が43.5%と一番多く、製造業は22.9%となっている。

厚生労働省「平成25年における労働災害発生状況(確定)」

生命保険を活用したワンポイントアドバイス

  • 従業員が万一死亡などした場合、ご遺族の生活を守れます。
  • 予期せぬ出費があっても事業に支障をきたすことなく十分な資金を確保できます。
  • 人を雇用する経営者としての社会的責任を果たせます。
  • 経営者が従業員を大切にしているというメッセージを伝えることができます。

このページの先頭へ

関連ページメニューの先頭です。

ご相談・お手続き

最寄りの郵便局または、かんぽコールセンターへご相談ください。

かんぽコールセンター

フリーダイヤル 0120-552-950

受付時間

(1月1日から3日を除きます)

PDFファイルを閲覧するには最新の「Adobe Reader」が必要です。
資料が開かない方はこちらのバナーよりダウンロードをお願いします。

Get Adobe Reader